◆Official Website: http://www.nagisa-morinkhuur.org/
Facebook Page: http://www.facebook.com/nagisa.morinkhuur/
◆NAGISAの記事が掲載されているサイトです: コネスト(日本語), ハンギョレ新聞社(韓国語), PAPARAZZI①, PAPARAZZI②(モンゴル語)

2018/08/17

ボルガン県へ

モンゴル北部に位置し、ロシアとの国境に接するボルガン県のテシグに行って来ました。
ウランバートルからは車で片道15時間ほどの距離です。
ここにはブリヤート族の人たちが住んでいます。この辺りの住民は、モンゴルゲルではなくヨーロッパ風の丸太小屋の家に居住しています。
森林や川、山に囲まれたのどかな風景が美しいところで、熊やオオカミ、イノシシ、大きな川魚などがいます。モンゴルのスイスといった感じです。
雨が上がったあと虹が現れ、よく見ると二重の虹になっていました。半円状の虹を見たのは生まれて初めてです。夜は満天の星空が本当に綺麗で感激しました。
民家の敷地内にテントを張り、4泊。近くの家から羊一頭を3000円ぐらいで買い取り、それを家の人が調理してくれました。私は羊が食べられないので、川で釣ってきた魚を焼いて食べました。
スマホやネットから解放された環境での大自然に囲まれた生活を満喫できた夏でした。







2018/06/19

アンタルヤ→イスタンブール

トルコのアンタルヤでは、5つ星ホテルで公演中のANGELSモダンサーカスの公演観賞。
海で泳ぎ、37度という猛暑でしたが、早くも夏を満喫できました。
イスタンブールから船に乗り1時間半、ブユックアダという島に行きました。





















トルコのブレックファースト


































イスタンブールのグランドバザールは3回目です。
このようなかわいい小物をゲットしました↓

スルタン調スリッパ、頭飾り、ポーチなど

2018/06/06

シャロン=アン=シャンパーニュ

シャンパンの名産地シャロン=アン=シャンパーニュに来ています。
のどかな田舎の風景がとてもすてきなところです。
毎朝さまざまな鳥のさえずりで目が覚めます。
ここには世界で最も有名なモダンサーカス学校があり、主人がモンゴル人として初めて卒業した学校です。
地元の一般家庭にも招かれましたが、まず食事の前にシャンパンとスナック、そしてメイン料理にバゲット、次にサラダと数種類のチーズ、デザートといった感じです。チーズは400種類ほどあるそうです。
いろいろと文化の違いにも気づき、おもしろかったです。
明日からはトルコのアンタルヤに行きます。




































































2018/05/21

パリ

4年ぶりにパリを訪れています。
セーヌ川沿いを散策したり、アンティークショップ巡り、モンマルトルの丘からパリ市内を眺め、ルーブル美術館などの建築物の素晴らしさに感銘を受けたり、2週間のパリ滞在を楽しんでいます。


















2018/05/12

イスタンブール→パリへ

ウランバートルから10時間のフライト、イスタンブールに来ています。
宿泊先の一般家庭にはペルシャ猫が3匹いました。
明日パリへ向かいます。